万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パイロット NAMIKI限定「鵞鳥と撫子」

パイロットがナミキブランドとして2002年に発表した「鵞鳥と撫子(ガチョウとナデシコ)」です。限定83本製作され、国内は10本だけの割り当てでした。当時、私は買うことができずに諦めてましたら、先日福岡県のある所から定価より若干安く完品を手に入れることが出来ました。 発売時の価格は84万円でしたが、昨日参考のためアメリカのペンショップに価格を問い合わせましたらUS$26800との回答がありました。ガチョウとナデシコの組み合わせがとても珍しく、人気があるため200万円以上もするんだと思います。

鵞鳥と撫子 鵞鳥と撫子2

スポンサーサイト

PageTop

道上正司さんの動画を見つけました

2006年、パイロット社からNAMIKIブランドとして限定販売された万年筆「Pheasant & SAKURA (雉と桜)」です。 世界で99本、日本国内では31本の限定として販売されました。 とても高額でしたが、パイロット初の沈金万年筆でしたので、無理して購入しました。
製作は、漆芸作家グループである「国光会」会員の沈金作家・道上正司(みちかみ しょうじ)氏です。
とても残念ですが、道上さんは数年前にお亡くなりになりました。
道上さんがこの「雉と桜」を制作している動画をYouTubeでみつけましたので、ここに埋め込みます。(5分46秒からの再生スタートに設定してあります)

   雉と桜

PageTop

「雪月花」と「菊水」さて、どっちがお好き?

namiki2010-snow_moon_flower

パイロット社から発売された2010年NAMIKI限定万年筆「雪月花(せつげっか)」です。全世界限定本数99本という事で、価格は157万5千円とちょっと高め。蒔絵師は川口倫史さんです。 毎年パイロット社からNAMIKIブランドとして10月に限定万年筆を発売してますが、海外の方が好みそうな絵柄なので日本人の私としては少々不満です。 今年2011年の限定蒔絵万年筆「Golden Rose」はちょっと多目の限定本数150本でしたので価格は105万円。人により好き嫌いはあると思うのですが、どーも私は ???ですね。
下の画像はユカリロワイヤルコレクションの新作「菊水 Chrysanthemum dew」です。現行シリーズの52万5千円以上の価格になるのでしたら購入するつもりはありませんが、私はむしろ限定の「雪月花」よりこの「菊水」の方が好きです。 しかし蒔絵万年筆の世界ではデフレは関係ないのでしょうか?

namiki-chrysanthemum_dew

PageTop

「ピーコック」 国内15本限定

ピーコックBOX

ピーコック  ピーコック2

2005年9月15日にパイロット社がNAMIKIブランドとして限定販売した「ピーコック」です。
限定本数80本、その内日本国内では15本の限定万年筆です。
作者は佐藤真人さん。

軸部分に孔雀のモチーフを配し、高蒔絵+螺鈿の高度な技法を組み合わせ、羽根の一本一本を繊細なタッチで描き、大きく広げた孔雀の羽根の艶や風合いを存分に表現してあります。 キャップ部分の牡丹も研ぎ出し高蒔絵の技法にて製作してあり、NAMIKI限定品としての風格を感じさせます。

専用ボックスはフタ天板部分に木象嵌(もくぞうがん)で孔雀のモチーフを嵌め込んだ「箱根寄木細工」を組み込んでおり、日本の伝統工芸品と呼ぶに相応しい重厚な雰囲気をかもし出しています。

NAMIKI限定蒔絵万年筆は毎年発売されます。今までに「ひょうたんナマズ」「シャーク」「タツノオトシゴ」「フクロウ」「キングコブラ」「パンダ」等々が発売されました。
個人的な意見として、これまでのものは漫画チックなものが多く、好きになれませんでしたが、このピーコックは割とデザイン的に気に入った為、購入を決めました。
車が買えるぐらいの価格でした(笑)

PageTop

大型万年筆「雉(きじ)と桜」

雉と桜1
雉と桜2     雉と桜3

毎年パイロット社はNAMIKIコレクションとして国内・世界に向けて限定万年筆を発売している。
この商品は2006年の限定万年筆「Pheasant & SAKURA (雉と桜)」である。
世界で99本、日本国内31本の限定で販売され、プレス発表の際話題になった商品だ。
50号ペン先の大型万年筆である。
パイロット社ではこの時、始めて沈金技法による万年筆を発売した。 社内記事(PDF)→ココです
その後NAMIKIブランドとして沈金万年筆がシリーズ化されることとなるが、この「雉と桜」が第一号の沈金万年筆である。 そういう意味では価値がある1本ではないだろうか。
私は蒔絵以外あまり興味がなかったが、第一号の沈金万年筆という事で、購入を決めた。

作者は道上 正司である。

【沈金技法について】
「沈金」とは蝋色漆仕上げされた素地に特殊な彫刻刀により絵柄を彫り、その部分に金属の箔や粉を埋め製作する技法で、その作風は「繊密・繊細でありながら力強く立体的な表現力」が特徴となっている。 鳥の羽根の風合いや絵柄の表情をよりリアルに表現することでは、蒔絵をも凌駕する表現力があり、蒔絵と並び漆芸を代表する技法の一つである。

「沈金」は蒔絵技法と異なり「塗り」ではなく「彫り」の技法であるため、一度製作を始めると失敗しても修正が出来ず、いかなる失敗も許されません。 正に一彫一彫りが真剣勝負の技法と言える。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。