万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

市民フェスティバル

今日、所沢市の市民フェスティバルとやらに行ってきた。
所沢は日本で一番初めに飛行機が飛んだ地。という事で航空公園って場所があり、そこで開催してました。
桜が満開の中、入口すぐの場所にステージがあり、なにやらギターで演奏をしている。
いろんなバンドが次から次へと。 昔ながらのフォーク系バンド、ブルース系、昭和のグループサウンズバンド、中南米系音楽、ゴスペル等々。
へー、なかなか面白いなぁ。 って事で10時に入って結局3時過ぎまでそこにとどまってました。
中でも印象に残ってるのは、ゴスペル合唱団。 総勢100名ぐらいの集団で、男女混合。映画「天使にラブソングを」の中で歌われてた"Oh Happy Day"などを踊りながら唄ってました。
年齢層は結構高く、みんな元気で頑張ってるなー。というのが感想。
男女混合なのに、圧倒的に女性の方が元気がある。 一般的に男は疲れてるが、40歳以上の女性は、とにかく元気。 近所のおばさん達も、みんな元気だもんな?。 

来年は俺も元気を出して出るかな。。。


スポンサーサイト



PageTop

「エリート」似の珍品

ブラック/ゴールド

パイロット社 1975年製造の万年筆である。
一見すると、ショートタイプの「エリート」のようであるが、クリップ、ペン先が全く違う。
クリップの形状は昭和46年(1971年)に発売した「ミュー701」にとても似ている。
あまり見かけることの出来ない、珍しい1本であろう。

ブラック/ゴールド-2

PageTop