万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道上正司さんの動画を見つけました

2006年、パイロット社からNAMIKIブランドとして限定販売された万年筆「Pheasant & SAKURA (雉と桜)」です。 世界で99本、日本国内では31本の限定として販売されました。 とても高額でしたが、パイロット初の沈金万年筆でしたので、無理して購入しました。
製作は、漆芸作家グループである「国光会」会員の沈金作家・道上正司(みちかみ しょうじ)氏です。
とても残念ですが、道上さんは数年前にお亡くなりになりました。
道上さんがこの「雉と桜」を制作している動画をYouTubeでみつけましたので、ここに埋め込みます。(5分46秒からの再生スタートに設定してあります)

   雉と桜

スポンサーサイト

PageTop

1970年代 カスタム「タテジマ」

パイロット社から1970年代に発売された「カスタム タテジマ」です。
先日、未開封のものを入手することができましたので掲載することにしました。
当時のカタログに「力強いストライプが魅力」と書いてありますが、確かにその通りですね。
ペン先は18金 ホワイトゴールド。 とてもいいものだと思います。
開封済みのペン先にはH574と刻印されてますので、1974年に製造されたことがわかります。

カスタム タテジマ 3本

PageTop

今年買った1本目 パイロット「シルバーン 龍」

今年に入りすでに10本ほど万年筆を買いましたが、その中で一番はじめに買ったのがパイロット社の「シルバーン 龍」です。ペン先に "T1076"と刻印されているので1976年10月に製造されたものです。35年前に造られた万年筆ですが、未使用のため状態はとても綺麗です。 今年 辰年ということで「龍」を購入したわけではありませんが、タイムリーですね。 この「シルバーン 龍」ナミキブランドとして現在も海外で販売していますが、国内では販売中止になっています。 昨年一番最後に買ったのがスターリングシルバー「シルバーン 松竹梅」で、今年の一本目が同じくシルーバーンとは。。。 蒔絵万年筆のブログなのにね。 いやはや・・・

シルバーン 龍-1   シルバーン 龍-2

PageTop

Happy new year!

あけましておめでとうございます!
I wish you a happy new year!
I look forward to your continued good will in the coming year.

Felice anno nuovo!
Frohes neues Jahr!
Feliz año nuevo!
Gott nytt år!
新年快乐!
새해 복 많이 받으세요!

このブログ、開設して丸3年が経ちました。
アクセス分析をたまにしますが、日本以外のさまざまな国からのアクセスがとても多いのには驚かされます。
アメリカ、カナダ、フランス、スペイン、イタリア、ギリシャ、ノルウェー、オランダ、ポーランド、ベルギー、スウェーデン、ルーマニア、ルクセンブルグ、スロベニア、ハンガリー、スロバキア、ブルガリア、ベラルーシ、ラトビア、ブラジル、シンガポール、中国、台湾、香港、韓国などなど。
特にアメリカ、フランス、スペイン、台湾、シンガールからが多いようです。
そんな訳で、日本以外からのメールも数多くいただきます。 もちろん私は日本語以外ダメなので翻訳ソフトを利用してます。便利な世の中ですね。

今年もマイペースでブログ更新を行いますので、何卒よろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。