万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

蒔絵シガレットケース「カワセミ」

1950s Pilot (Namiki) Cigarette case "Kingfisher"
Maki-e lacquer artist: KOHO Iida (1889-1970)

1950年代にパイロット社が製作した蒔絵のシガレットケース「カワセミ」です。久しぶりにコレクションとして購入しました。とっても綺麗! 蒔絵師は飯田 光甫です。

蒔絵シガレットケース「カワセミ」-2 蒔絵シガレットケース「カワセミ」-1 蒔絵シガレットケース「カワセミ」-3



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。