万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「エリート」スターリングシルバー

エリート_シルバー

パイロット社 スターリングシルバー製「エリート」です。
格子柄でショートタイプのこのエリートはとってもシンプルでオシャレですね。
蒔絵万年筆以外で一番好きな万年筆は?と聞かれたら、私はこのエリートを選ぶかもしれない。
1973年に製造されたもので、当時の値札シール"6000円"が付いている。 今の貨幣価値からすると1万5,000円ほどだろうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは!
いつもながら、綺麗な写真ですね☆
エリートの格子柄のキャップを見ると、なぜか父を思い出します。
手元には残っていなかったのですが、もしかしたら使っていたのかも知れませんね。なんとなく昭和の香りを感じます。

みーにゃ | URL | 2009-02-06(Fri)23:33 [編集]


Re: タイトルなし

みーにゃさん、いつもありがとうございます。

> エリートの格子柄のキャップを見ると、なぜか父を思い出します。
私も、子供や孫にこれらの万年筆を残すんだろなぁ。。。って思ってます。
「じいちゃん思い出します」って言うんだろねぇ

よしはる | URL | 2009-02-07(Sat)06:13 [編集]


なんか、変なこと書いてしまってすみません☆

>「じいちゃん思い出します」って言うんだろねぇ

不謹慎かも知れませんが、笑ってしまいました。
お孫さんがいらっしゃるとは、驚きでした。

みーにゃ | URL | 2009-02-10(Tue)02:26 [編集]


Re: タイトルなし

> 不謹慎かも知れませんが、笑ってしまいました。
> お孫さんがいらっしゃるとは、驚きでした。

わっはは、いっしょに歩いてると決して爺ちゃんには見えず、よく父親に間違えられます。
そんな時「いや~、いい歳して頑張っちゃいました」と答えてます。
40歳代の時の孫だからねぇ

よしはる | URL | 2009-02-10(Tue)22:56 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。