万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

SWAN 1902-1905年

SWAN

SWAN 1902-1905年に製造されたものです。
スターリングシルバーの細工が施され、実物は写真で見るよりずっと綺麗です。
1900年代前半、海外では金銀を彫刻した万この手の年筆が多かったようです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめて見ました

すごい!!彫刻のある万年筆なんてステキですね!!
ウエッジウッドみたい。

ミユコ | URL | 2009-02-17(Tue)09:32 [編集]


Re: はじめて見ました

こんにちは、ミユコさん。
そうですねぇ。 この当時、海外では金、銀で装飾された高級万年筆が発売されてましたが、それに対抗すべくパイロットの前身である並木製作所が蒔絵万年筆を生み出したんです。
どちらもすばらしいですねぇ。

よしはる | URL | 2009-02-18(Wed)00:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。