万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Capless と Vanishing Point

キャップレス4種

パイロット社 1994年製造ノック式万年筆 「キャップレス」 4色です。
18角形多面体のボディはとてもオシャレだと思う。
上の画像4本はPilotブランドですが、下の2本はパイロット社が海外向けにNamikiブランドとして発売したものだ。 クリップの刻印が「PILOT」と「NAMIKI」の違いだ。 日本での商品名 "Capless"に対し、海外向けの商品名は "Vanishing Point" である。
ご存知の方も多いと思うが、ノックを押すと「 Vanishing = 消える Point = ペン先」である。
海外向けには「Vanishing Point History」が入っていた。

余談だが、私は国内向けの上段4本は海外から購入し、下段の海外向け2本は日本で手に入れました。 ・・・ややこしいね♪

Vanishing_Point2種  VP-History

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。