万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ライブ

ライブ活動を目指して、最近練習を始めてます。
弾き語りをメインにやりたいのでスタジオを借りず自宅でやってます。
いちおう俺の部屋は防音になってるので、思いっきり声を出しても大丈夫。
テレビで見たんだけど、荻窪や高円寺あたりに年配者達がギターの弾き語りが出来るライブハウスがいくつか出来たって。 俺もそこに出ようかなぁ。。。な?んて考えてます。

バンドで歌うのもいいけど、やっぱりギター1本がいいな。 17歳の時の初ライブも弾き語りだったしね。
でっかいホールで。 たとえばカーネギーホール。 昔そんなとこで、たった一人でライブをするのが夢でした。 ピーンと張りつめた糸、緊張感と静寂。 今にも壊れそうなガラスのような不安定感。 目に入るもの、耳にきこえるもの、肌ざわり、直感的に感じられる。 シーンと静まりかえった空気の中、ヘアピンを落とした音ですら満席のホールに響き渡るような空間で、さぁ? 1曲目のイントロが始まります。

マーティンD-35

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。