万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

久山作 「闘鶏」

闘鶏

闘鶏2

1970年代後半に制作された「闘鶏」です。
当時の最高級の部類に入るこの高蒔絵は、鶏の鋭い眼光とあいまって迫力さえ感じます。
こちらも、とても大好きな1本です。

作者は吉田久斎さんです。 銘の「久山」は久斎さんの若かりし時の銘です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。