万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

豚インフルエンザ

ここ数日、ニュースで豚インフルエンザの話題が飛び交ってる。
そんな中、風評被害を懸念する声も漏れている。

ふと思い出した。。。
銀座日航ホテルの地下2階に豚しゃぶのお店 「羅豚(ラブ)」 がある。
出汁のきいた浅いステンレスの鍋に、どっさりネギを敷き詰め
その上に黒豚のスライスを寝かせる。
「しゃぶぅ、しゃぶぅ♪」と、お湯の中でヒラヒラさせない。

そして黒豚を特製の四段仕込のそばつゆでネギと一緒に口に運ぶ。
このさっぱいした味は誰もが満足すると思いますよ。

羅豚-ネギ   羅豚-黒豚


我々は奥まった個室的な席に通された。
黒服のイケメンスタッフが、手際よく鍋に黒豚を乗せてくれる。
直ぐそばにスタッフがいるので、当然我々の会話も耳に入るのだろう。
「我々:最近、森鴎外にはまってる・・・」の話題。
しばらくして、そのイケメンスタッフ。 ハシ袋の裏に「森鴎外記念館」の地図を手書きで持ってきた。 「黒服:ご存知かと思いますが、森鴎外記念館があるんですよー」 ジャストタイミング! 心憎い応対である。
このお店、銀座のしゃぶしゃぶ専門店では最も予約が取り難いというのも納得する。

店内全体を見わたすと、
場所柄、銀座ホステスさんの同伴出勤時に利用される事が多いらしく、スーツ姿の男性とクラブのお姉ちゃんでいっぱいだ。 みんなとっても美人だと思った。
コースで5000円ぐらい。 銀座にしてはリーズナブルだと思う。
この後にそのお姉ちゃんとクラブに行ったら・・・・ まるが一個つくんだろな。。。

実は私。自宅で、銀座「羅豚(ラブ)」風しゃぶしゃぶを、冬場は月に2、3回食べてます。
簡単で、安いし。美味い。
夏場でもサッパリしてるから、いいかもよ。

出来るだけ太い長ネギを白髪ネギにして。 長さは10センチぐらいかな。
それをたっぷり用意します。 3人分で4本ぐらい。

鍋に水を浸し、市販の「白だし」を加えて煮立てます。 私はヤマキの「割烹白だし」を使ってます。
沸騰し始めたら、どっさり白髪ネギを鍋に浸します。
さらに沸騰したら、豚しゃぶ用の肉を乗せて。
ネギを巻きながらお肉をタレにつけて召し上がれーー。

タレは、好みですが。。。
私はごまだれと味ポンを半々にブレンドしてます。
これがまた、とってもおいしいのよ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。