万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■他人に貸さないで下さい

■他人に貸さないで下さい

万年筆はその人の個性が出る筆記具ですので、その人のクセがそのままペン先に表れます。
靴は、長い間履いていると、人それぞれ減るところが違います。
それは歩くクセでそうなるのです。万年筆も靴と同じで、初めは同じ万年筆でも年数を重ね、書く人によって、全く違った万年筆になります。
書くほどに自分用のたった1本の万年筆になるんです。
だから他人に貸さないでください。変なクセがついてしまいますよ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。