万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三越 「カレッヂ万年筆」

三越カレッヂ万年筆

三越カレッヂ万年筆です。

万年筆の形状が「バランス型」そして「雨だれクリップ」私は紛れもなくパイロット社が製造したものだと思っていた。 但し、クリップに「越」のマーク、そしてペン先と胴には「Mitsukoshi」の刻印。  はて?パイロットの名前がどこにもない。  本当にパイロット社が作った万年筆なのか。。。 3年ほど前、それらを確かめる為にパイロット社の資料室に調べていただきました。

資料室によると。
このタイプのバランス型万年筆は昭和5年から昭和12年頃まで生産されていたようだ。
雨だれクリップは現在の万年筆にも使われているが、この手のモノは昭和5年から昭和11年に生産されたとの事。 そして、鞘の2本細バンド。 バランス型で、このバンドの2本タイプは昭和7年から10年頃に生産されたそうだ。これらを総合的に判断すると昭和10年前後に作られたものと思われる。
但し、これらの情報は、あくまでもパイロット製としてのコト。
パイロット社の資料には三越としての万年筆を生産した記録がない。
ということで、結局パイロット社で作られたものではない。 という結論になってしまった。

と、なると・・・・
三越に聞いてみるしかない。
という事で、日本橋 三越本店に出向いて、調べてもらう事にしました。
三越の万年筆売り場の責任者は、案外詳しい方で、これを見た瞬間「パイロット製の可能性がありますねー」 と言われたので、すでにパイロット社に調べてもらった旨を話し・・・
そして、調べるのに2ヶ月程時間が欲しいとの事。

2ヶ月が過ぎ、三越から連絡が入り再度本店に出向いた。
昭和初期の三越は本店とは別に大阪店として独自に製造販売するような戦略があったようで、この万年筆は三越本店(日本橋)で作ったものではなく、おそらく大阪店がどこかに生産依頼したものであろう。 という話しでした。 昭和初期の三越の文具カタログを引っ張り出して、良く似た万年筆がいくつかあったが「カレッヂ万年筆」はどこにもない。 そして三越をすでに定年になった方でしたら、判るかもしれないという事で、80歳を超えた方に聞いていただいたそうだ。
出来る限り、調べたのですが、これ以上は調べがつかないとの事でした。

パイロットの資料室、そして三越。 たかが1本の万年筆に対し、かなりの時間を掛けて調べていただき、とても感謝してます。
特に三越。 今までに私は三越で1本の万年筆、いや、それ以外のモノすら買ったことがない。
結果が三越から出た時、電話で「ご満足がいかないお答えかと思いますが、資料を持参しきちんとご説明しますので、責任者と二人でご自宅に伺わせてください」と言われた。
クレームを言いに行った訳でもないのに、わざわざ自宅まで来るのか。。。しかも古びた1本の万年筆の為に。。。と、私はビックリした。 もちろん、こちらから出向きましたが・・・
昨今、ネットやコンビニ、スーパー等々でモノを買う。 そんな訳で人と人の関わりが希薄になっている。 Face to Faceなんて、どっかにいっちゃいましたね。
それに対し、三越は常にお客様視点。 これが老舗三越のお客様に対する姿勢なんだろなー。 と感心しました。

三越カレッヂ万年筆-2

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして。
以前から、更新を楽しみにしているブログでした。
私も万年筆が好きで、いろいろなホームページを
見ているうちに、このブログを見つけたんだったと
思います。

とても深イイ話ですね。
心が温かくなりました。
確かな物作りとそれを売る人の態度、切っても切
り離せないですね。

Mr.BiGFL@ | URL | 2009-06-09(Tue)11:03 [編集]


Re: タイトルなし

Mr.BiGFL@さん、こんにちは。

>以前から、更新を楽しみにしているブログでした。

すいません(^_^;) あんまり更新してません。


> 確かな物作りとそれを売る人の態度、切っても切
> り離せないですね。

そうですね。
モノを作る人、売る人、買う人。 それぞれが1つのモノのこだわりたいですよね。
そして、それぞれが満足し、楽しくないとね。

よしはる | URL | 2009-06-10(Wed)00:14 [編集]


はじめまして。

明治生まれ、東京住まい祖父の遺品からこちらの萬年筆が出てきて、万年筆ブームだった孫の自分がいただきました。
こちらの商品について調べてみましたが、何も手掛かりがなかったので
大変いい話をお聞きできて心温まりました。

この万年筆を使用するつもりでしたが、インクを吸うギミックがわからずこのまま飾っておこうかなと思います。
よしはるさんはどこで手に入れたのでしょうか。
もしよろしければお教えください。

ことり | URL | 2014-01-23(Thu)22:07 [編集]


ようこそいらっしゃいました。
この万年筆は、確か10年程前にヤフオクで手に入れたものだと思います。
お祖父様の遺品との事、大事にしてくださいね。

よしはる | URL | 2014-02-16(Sun)21:52 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。