万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1930年代 松屋万年筆

松屋万年筆_1

1869年創業の鶴屋呉服店(現:松屋 百貨店)が1930年代に販売した万年筆です。
雨だれクリップからすると、パイロット社が製造したかもしれない。 が、定かではない。
ボディに "Matuya fountain pen" と刻印され、ペン先には "TOKUSEN 12KT" と刻み込まれている。
1907年に鶴屋呉服店のマークに採用された"松鶴マーク"も刻印されている。

松屋万年筆_2

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。