万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

M.Jacksonも使っていた「ASTATIC 77」

ASTATIC_77
ASTATIC社 1950年代に製造された「Model 77」です。
昔のマイクって、デザインに独自性があって面白いと思う。 数ある所有マイクの中でもこのASTATIC 77は大好きな1本です。 ライブで使いたいマイクだ。



ジャクソン5  Jackson5 Anthology


本日 (米国時間 6月25日午後2時)突然マイケル・ジャクソンが亡くなったとの悲報が入った。 ほぼ同世代の私にとって、ショックが大きすぎる。 まずは謹んでお悔やみ申し上げたい。 実はこのASTATIC Model 77はマイケル・ジャクソンが幼少時「ジャクソン5」のリードボーカルとして活躍していた頃、使っていたマイクだ。
ジャクソン5(Jackson 5) は、ジャクソン兄弟によって1966年に結成された史上最大の兄弟グループです。 デビュー時のメンバーは、ジャッキー(15才)、ティト(13才)、ジャーメイン(12才)、マーロン(9才)、マイケル(8才)。 リード・ヴォーカルのマイケル・ジャクソンは最年少だったが、グループの中で最も才能に長けていた。

私はマイケル・ジャクソンが歌った中で、「ベンのテーマ」が一番好きかもしれない。
ネズミのベンが主人公の映画 『ベン』 の主題歌として72年の夏にリリースされ、マイケルがソロとして初めて全米ナンバー・ワンを勝ち取った記念すべきシングルです。 当時私もよく口ずさんだ曲なんです。 今これを書きながらベンのテーマを聴いている。 右の画像、このジャケットは「Jackson5 Anthology」1976年に発売されたものです。 この中にベンのテーマが入っている。

予断だが、かつてトム・ジョーンズ・ショーが日本でTV放映されていたが、その際ゲストでジャクソン5が出演したのを憶えている。 私が中学1年生の頃だと思う。
そしてトム・ジョーンズが初来日した1973年2月24日(土) 私はまだガキだったが、1人でコンサートを見に日本武道館に行ったのを思い出す。 その当時、私はトム・ジョーンズが大好きだったので、コンサートで歌っているトムに合わせて全ての曲をいっしょに武道館で歌っていた。
コンサートチケットは3千円から3万3千円までの6ランクの料金、公務員上級職の初任給が55,600円だった事からすると、3万3千円っていうのはべら棒に高い。 現在の貨幣価値に換算すると13万5千円ってとこだろう。 これほど高いコンサートチケットは前代未聞という事で ニュース、新聞等で話題になったのを記憶している。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。