万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1964年 未使用の万年筆

今から45年前の1964年(昭和39年)に製造されたパイロット社の万年筆達です。
現在、万年筆は1ケース10本入りで工場から出荷されているようですが、この当時は12本入っていたんですね。
全て14金のペン先で、500円から1500円の値札が付いています。


1964年の万年筆

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。