万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

パイロット社 「エラボー」

エラボー 2エラボー 1


   エラボー ペン先
パイロット社「エラボー」です。 上の画像の左側が初期型、右側が後期のタイプです。 初期型の方がやや細めです。 価格は初期型が12,000円で、後期型は18,000円(税別)。 私はそれぞれ未使用のものを数本ずつ所有しています。

このエラボーはパイロット社と全国万年筆専門店会との共同開発品の万年筆なんです。 ペン先はソフトタイプなので、とても滑らかなタッチで文字を書くことが出来ます。 日本国内では「エラボー」という名で、そして海外ではPilotとしてではなくNamikiブランドとしてFALCON(ファルコン)という名で売られています。 FALCON = 「鷹」 いかにもペン先が鷹の鼻先を思わせるような形状ですよね。 そのペン先こそが、この万年筆の最大の特徴なんです。
ところで国内で販売した「エラボー」の名前の由来はというと、Elaborate(エラボレイト) = 「精巧である」という意味で「エラボー」とつけられました。

数年前エラボーは製造中止になりましたが、復刻版として間もなく発売されるようです。 価格は確か25000円だったと思いますが。。。売れるといいですね。


エラボー   

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。