万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カスタム 72

カスタム72

パイロット社 「カスタム72」です。

鞘のリングが違うけど、パイロット社創立70周年記念に発売した万年筆と同じ形状です。
リングとボディーの模様はパイロット社創立65周年記念として発売したカスタム65にも似てます。でもカスタム65はバランス型で、こちらのカスタム72はベスト型。 なんかややっこしい説明になりました。

このカスタム72は、それらの記念万年筆と比べ、ペン先がはるかに固めです。

カスタム72-2

パイロット社が創立した年は1918年なのですが、創立から72年目に発売したから、カスタム72なのです。その事からカスタム72は1990年に発売したことがわかります。 数字の2桁が創立からの年数です。

ここで、「ベスト型」と「バランス型」の説明をします。

【ベスト型】
両端が平坦な形のもので、ベストを着た紳士のシルエットに似ていることから、「ベスト型」と呼ばれています。
【バランス型】
両端が丸い形状の万年筆。 キャップを軸に装着した状態で書きやすいバランスを考慮した結果、考案された形であることから「バランス型」といわれている。

余談ですが・・・私の体系は、めちゃめちゃ「アンバランス型」です (^_^;)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。