万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぺんてる社(Pentel) ケリー

Pentel 5-2 Pentel 5-3

ぺんてる社(Pentel)の高級感漂うシャーペン。 愛称ケリー(Kerry)で親しまれ、1971年から現在も発売されているロングセラー商品です。キャップ式シャープペンですが、キャップをはずした状態でも、キャップを後ろ差しにした状態でもどちらでもノックできます。 
まるで万年筆のようですよね。 画像は1970年代、旧タイプの「Pentel 5」です。
太くて、やぼったい感じがとっても好きです。

 Pentel 5-1

私はデッドストックを各10本所有している。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。