万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゼブラ ペン先紙箱

ゼブラペン先紙箱-1  ゼブラペン先紙箱-2

ゼブラ社のペン先の紙箱です。
フエルトペン「ハイマッキー」でおなじみのゼブラ株式会社。
1966年(昭和41年)「みえる・みえる」というキャッチフレーズのTVコマーシャルで売り出した透明軸ボールペン「クリスタル」。 "みえるみえる"と言いながら、ぎょろっとした目が印象的でした。「ゼブラはインクが見えるうちに書けなくなったら、お取替えします」という強気なコマーシャルでしたよね。 また、1977年(昭和52年)にシャープペンシルとボールペンを一体化した新商品「シャーボ」を発売したことでも有名ですよね。

ゼブラの歴史はけっこう古く・・・
1897年(明治30年)創業者の石川徳松は、全くの独創により日本最初の国産鋼ペン先の製造に成功、発売する。
ここからゼブラの歴史は始まります。 創業当時は「石川ペン先製作所」という社名でしたが1963年(昭和38年)に現在の「ゼブラ株式会社」に社名変更されました。
この箱は、ご覧の通り石川ペン先製作所当時のものなので、約50年前のものになります。

ゼブラペン先紙箱-3

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。