万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

天ぷら「いもや」と「金ペン堂」

いもや

仕事の打ち合わせで神保町に来るときが時々ある。そんな時わざと約束の時間を1時頃にして、靖国通り沿いの天ぷら「いもや」で昼メシを食べる。 そっけのないのれんをくぐり、店内に入るやいなや「天ぷら定食ですか?」と、天ぷらを揚げている兄ちゃんから声を掛けられる。 お客は間髪を入れず「えび定に椎茸2個とイカ」と言う。 店に入ってから席に着くまでの10秒ほどの間で全てが手際よく決まるのである。そんないもやで今日、昼メシを食べた。おきまりの兄ちゃんから「天ぷら定食ですか?」と聞かれ、「うん。それにあなご、メシ大盛り」と言って、席に着いた。
この「いもや」けっこう有名な店で、いつも混んでる。 メニューは2つで値段が手ごろ。天ぷら定食が650円、えび定食が850円。ご飯を大盛りにしてもらっても値段は同じだし、それにシジミの味噌汁が付いてくる。そしてこの味噌汁がまたうまいときてる。人気があるはずだわ。
さて、昼メシを食べ終わってもまだ40分ぐらい時間があるな。 てな事で、いもやを出て靖国通りを神田方面に7分ほど歩き、万年筆専門店「金ペン堂」に立ち寄りました。 30歳ぐらいの女性客がペリカン万年筆 スーベレーンを見ながら店の人となにやら話をしていた。店内が狭いので、聞こうとしてる訳ではないけど自然に会話が耳に入ります。 どうやら自分のお父さんにプレゼントするらしい。 そうこうしている内に、どこかに電話を掛け始めた「お父さんに万年筆をプレゼントするんだけど、青と緑があるんだけどどっちにしたらいいと思う?」 私はすかさず「断然、緑縞のスーベレーンが良いですよ。スーベレーンは緑が基本色ですから」と、声を掛けたかったんだけど、客の分際で自分の意見を押し付けてもいけないな・・・と、思いとどまり店を後にした。
ちょうど時間となりました。 さてと、打ち合わせ場所に向うとするか。。。

金ペン堂

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。