万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ピザハウス「ニコラ」 清瀬店

ニコラ 清瀬店-1  ニコラ 清瀬店-2

今日は朝からCarmen McRaeを聞きながらバーボンを3杯呑んでて。。。 jazzにはバーボンが良く合います。
福生のピザハウス「ニコラ」に清瀬店が出来たという情報を聞いていたので、そうだ!「ニコラ」に行こう。と決め、行って来ました。
この清瀬店、2008年に出来たそうな。。。 
西武池袋線 清瀬駅の南口、階段を下りてすぐ。 駅に隣接した場所にお店がありました。 駅の立ち食いそばやを改装して作られているのでちょっと狭め。 お店の前はオープンカフェ風になってました。 さてと、カウンターに座りビールと6インチのミックスピザをオーダーし、カウンター越しに福生のお店の事を話したりして。。。あっと言う間に食べ終わっちゃったんで、さらにもう1枚とビールも追加。。。今度はプレーンピザに「オニオン」「ピーマン」「サラミ」それと「小エビ」。お店のお兄ちゃんに "昔は、これ5番って言ったんだよ"って話したら、"そうですね5番に42番の小エビが追加ですね。"って答えてくれた。 あらま。何で知ってるの?って言ったら。 そのお兄ちゃんは福生店で厨房をやってたとの事。50種類のピザの番号を全部覚えさせられたそうです。
しかし、一人で2枚のピザは、けっこう腹いっぱいになります。ビールも2杯飲んだしね。 一人の昼飯にしては少し高めだったかも。わずか40分ほどの昼飯で3210円。。。 まー、二人分食べたんだから、しゃ?ないっか。 と言うことで、ピザを食べ終わってすぐにまた電車に乗って家に帰りました。 やっぱりニコラのピザは美味しかったな?。 そういえば店内、jazzが流れてた。

  ニコラ 清瀬店3

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。