万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ダンヒルナミキのパイプ 負けました

 Dunhill namiki pipe

久しぶりに海外のオークションに入札した。
パイロット社の前身 並木製作所から1933年 光甫(こうほ)により作成されたDunhill Namikiのパイプです。私は$2,100から入札し、outbidを繰り返し、最終時間の1分前に$3,200の入札をしましたが、結局負けてしましました。 最終的に$4,539で落札されてました。 2年前でしたら$7,000は下らなかっただろう。 最近は世界的に景気が悪いので、そこそこの価格で落とせると思ってましたが、甘かったようです。
それにしても、絵が描いてあるだけの中古パイプが42万円とは。 トホホ・・・

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。