万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「般若心経」 Prajna-paramita sutra

般若心経

パイロット社 1970年代に作成された、カスタム「般若心経」です。
開封していないので、正確な製造年月を確認していません。 この般若心経は黒漆に金文字が刻まれているが、般若心経シリーズにはこの黒漆の他に朱漆、スターリングシルバーがある。 私は未使用のものをコレクションしているため、なかなか手に入らない。 まっ、気長に探しています。 しかし、この般若心経 どれくらい売れたのだろうか。 写経人口は数百万人いるって言われてるけど、そういう人達が買ったんだろうね。 私は1979年頃、この般若心経の万年筆があることを知ったんですが、「なんじゃ、これ!」という印象で、まさか自分が買うとは夢にも思ってませんでした。 不思議なもんです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。