万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Dunhill Namiki 「Sakura Rose」

Dunhill Namiki Sakura Rose

並木製作所(現 パイロット)とダンヒル社は、昭和5年(1930年)に販売契約を締結し、「ダンヒルナミキ」ブランドが誕生した。 そして2005年、ダンヒルナミキがこの世に出てから75周年を記念して、この「Sakura Rose」を発売した。 限定数25本、蒔絵師は吉田久斎さんです。 販売価格は$83,350 その当時のレートで約900万円。 発売前にすでに1200万円ものプレミアがついているとのうわさを聞いた。 その時、関係者の方から冗談で購入する事を勧められたが、むなしい冗談である。 一度だけ手にとって見せてもらったが、何とも言えない存在感があった。 しかし、万年筆によくもこんなに高い価格をつけたものだ。 しかもこれを買う人がいるんだもんなー。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。