万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界中に友達が

私には万年筆コレクターの友人がアジア、アメリカ、ヨーロッパと世界中にいるんですが、最近映画にもなった注目されているサイトに自分を登録したら、8年ほど前から音沙汰の友人とサイトを介して再会することが出来ました。
彼はアメリカの、とある大企業のCEOなのですが、万年筆コレクターとしても有名な方なんです。
日本にも彼の会社の商品が入ってきているようです。 万年筆とは全く関係のない会社ですが。。。。
元気で過ごしてる様子。。。なりよりです。

つくずく感じるんですが、ほんとに世界は狭いですよね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コミュニケーションツールとしての万年筆

こんばんは。
万年筆は人と人とをつなぐコミュニケーションツールでもありますね。
万年筆があれば、言葉の壁も突破できそうな気がします。
(実際にはそう簡単にはいきませんが……)

勝手なお願いで大変恐縮なんですが、よしはる様と相互リンクをお願い出来ませんでしょうか?

ヘンリー | URL | 2011-02-27(Sun)18:09 [編集]


Re: コミュニケーションツールとしての万年筆

そうですね。日本ではあまり万年筆を使う人は多くありませんが、海外では多くの人が万年筆を使っているようですね。 日本はサインではなくハンコの文化ですからねぇ。

よしはる | URL | 2011-03-21(Mon)13:55 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。