万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

銀座 伊東屋 「蒔絵万年筆展」2011

5月19日~31日まで銀座 伊東屋で蒔絵万年筆展が開かれる。
去年も5月に開催され行って来ましたが、今年も時間がありましたら行くつもりです。
各メーカーの蒔絵万年筆を一堂に展示しているので、ほとんどパイロットしか所有していない私にとって、とても興味深く拝見することが出来ます。
この予告ハガキで写ってる中屋万年筆の鯨、84万円って書いてあるけど、なかなかいいですね。

伊東屋_蒔絵万年筆展2011

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。