万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セーラー蒔絵万年筆「みみずく」

みみずく-1   みみずく-2

セーラーの蒔絵万年筆「みみずく」です。 加賀蒔絵師: 二代目 大下香仙 作
かわいい絵柄なのでついつい購入しちゃいました。 ペン先は14Kです。

みみずくはフクロウと同じフクロウ科に属する鳥で、耳の様に見える羽(耳羽)を持つものが日本ではみみずくと呼ばれています。 フクロウは古来、世界各国で知恵の神や森の守り神、魔除けや幸運を呼ぶシンボルとして大切にされてきました。 この幸運のシンボルであるフクロウは金運を上げる風水の代表格としても知られています。
「福来郎」「不苦労」などどいった縁起のよい吉祥な当て字が充てられ、「福が来る」「苦労がない」などを願った縁起物として日本のみならずフクロウは世界中で愛されています。

このプロフィット蒔絵万年筆「みみずく」には、木の枝にとまり、煌々と輝く満月を背に佇むフクロウの蒔絵が施されており、日本古来より伝わる日本的な美しい魅力を感じさせてくれます。 漆黒のボディに浮かび上がる煌びやかな蒔絵。暗闇に染まる夜空を満月が明るく照らし、月の光に照らされたフクロウは愛らしい表情の中にも哀愁を感じます。
きらりと光る青い眼は、じっとこちらを見つめています。フクロウはとても目のいい鳥で、人間の4倍もの視力をもつと言われていますが、このフクロウには何が見えてるのでしょうか…

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。