万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今年買った1本目 パイロット「シルバーン 龍」

今年に入りすでに10本ほど万年筆を買いましたが、その中で一番はじめに買ったのがパイロット社の「シルバーン 龍」です。ペン先に "T1076"と刻印されているので1976年10月に製造されたものです。35年前に造られた万年筆ですが、未使用のため状態はとても綺麗です。 今年 辰年ということで「龍」を購入したわけではありませんが、タイムリーですね。 この「シルバーン 龍」ナミキブランドとして現在も海外で販売していますが、国内では販売中止になっています。 昨年一番最後に買ったのがスターリングシルバー「シルバーン 松竹梅」で、今年の一本目が同じくシルーバーンとは。。。 蒔絵万年筆のブログなのにね。 いやはや・・・

シルバーン 龍-1   シルバーン 龍-2

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。