万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

道上正司さんの動画を見つけました

2006年、パイロット社からNAMIKIブランドとして限定販売された万年筆「Pheasant & SAKURA (雉と桜)」です。 世界で99本、日本国内では31本の限定として販売されました。 とても高額でしたが、パイロット初の沈金万年筆でしたので、無理して購入しました。
製作は、漆芸作家グループである「国光会」会員の沈金作家・道上正司(みちかみ しょうじ)氏です。
とても残念ですが、道上さんは数年前にお亡くなりになりました。
道上さんがこの「雉と桜」を制作している動画をYouTubeでみつけましたので、ここに埋め込みます。(5分46秒からの再生スタートに設定してあります)

   雉と桜

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -】

2006年、パイロット社からNAMIKIブランドとして限定販売された万年筆「Pheasant

まとめwoネタ速suru 2012-03-20 (Tue) 16:16


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。