万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秀嶺作 鴛鴦 (オシドリ)

シガレットケース 鴛鴦_1    シガレットケース 鴛鴦_2

パイロット社1940年代の蒔絵シガレットケース「鴛鴦(オシドリ)」です。 作者は長井秀嶺(Shurei)
パイロットの蒔絵万年筆の絵柄として"鴛鴦"はよく見かけますが、シガレットケースは珍しいと思います。 秀嶺さんの特徴なのかもしれませんが、絵がとっても可愛いいです。 写真では良さが伝わりにくいのですが、とってもすばらしい研ぎ出し蒔絵です。
もちろん未使用品です。

シガレットケース 鴛鴦_4

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-03-08(Thu)09:41 [編集]


トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -】

    パイロット社1940年代の蒔絵シガレットケース「鴛鴦(オシドリ)」です。 作者は長井秀嶺(Shurei)パイロットの蒔絵万年筆の絵柄として

まとめwoネタ速suru 2012-03-20 (Tue) 16:16


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。