万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年と1978年の「ボストン美術館展」

ボストン美術館展ポスター

アメリカのボストン美術館には、10万点を超える日本の美術品が収蔵され、その量と質において世界有数の地位を誇っています。 「かつて海を渡った幻の国宝が一堂に里帰り」ということで2012/3/20から6/30の間、東京国立博物館で「ボストン美術館展」が開催されています。 すでに行かれている方も多いと思います。 私も今月中には行きたいと思っています。 "本物を見る"って、何よりも勉強になります。

今から34年前の1978年(昭和53年) 4/25-6/11に 国立西洋美術館で一回目のボストン美術館展が開かれました。 当時私は学生でしたが、その時買ったカタログと半券が見つかりました。 東洋美術コレクションの素晴らしさは今でもはっきり覚えています。 しかし、時が流れるのは早いものです。。。

1978年 ボストン美術館展 カタログ-1 1978年 ボストン美術館展 カタログ-2

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【2012年と1978年の「ボストン美術館展」】

アメリカのボストン美術館には、10万点を超える日本の美術品が収蔵され、その量と質において世界有数の地位を誇っています。 「かつて海を渡った幻の国宝が一堂に里帰り」ということで2012/3/20から6/30の間、東京国立博物館で「ボストン美術館展」が開催されています。?...

まとめwoネタ速neo 2012-05-09 (Wed) 03:36


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。