万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

"Terminal" by Yoshiharu

あの高い丘の上で君が待ってるいつの日も・・・
俺が歌ってます。
I sing this song "Terminal"


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する