万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たまに手入れをしてます Part 2

7月10日に引き続き、蒔絵万年筆の手入れをしました。


吉祥文勝虫
左は1990年代に製作された50号大型万年筆「吉祥文」です。 蒔絵師は村田 百川(むらた ひゃくせん)です。定価315,000円
右は1980年代に製作された50号大型万年筆「勝虫(かちむし)」です。 蒔絵師は坂本康則(さかもと やすのり)です。定価315,000円



菜の花初秋
左は1990年代に製作された50号大型万年筆「菜の花」です。 蒔絵師は坂本信彩(さかもと しんさい)です。定価315,000円
右は2000年代に製作された50号大型万年筆「初秋」です。 蒔絵師は吉田久斎(よしだ きゅさい)です。定価630,000円



花垣天皇即位記念 鳳凰
左は2000年代に製作された50号大型万年筆「花垣」です。 蒔絵師は高村 元(たかむら げん)です。定価315,000円
右は1990年(平成2年)11月に限定数1000本で発売された天皇即位記念蒔絵万年筆「鳳凰」です。 蒔絵師は吉田久斎です。定価105,000円

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。