万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たまに手入れをしてます Part 3

ダンヒルナミキ_鵜ダンヒルナミキ_菊と鳥
左は1920年代後半のダンヒルナミキ初期の「鵜」です。
右は1930年代に製作されたダンヒルナミキ「菊に鳥」です。蒔絵師は牧澤松美(まきざわ しょうび)です。



ダンヒルナミキ_扇子と紅葉不死鳥と月
左は1930年代に製作されたダンヒルナミキ「カエデに扇」です。
右は1930年代のインキ止め式万年筆「不死鳥と太陽」です。 蒔絵師は佐藤 紫川(さとう しせん)です。



本社移転記念_宝相華金魚
左は1989年パイロット社本社移転記念に200本限定製作された宝相華(ほうそうげ)です。蒔絵師は吉田久斎です。
右は1960年代に製作された「金魚」です。 蒔絵師は坂本正春(さかもと まさはる)です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。