万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千山作 「桜に楽鳥」

桜に楽鳥2-1

 桜に楽鳥2-2

1960年代の「桜に楽鳥」である。
大正15年並木製作所(現パイロット社)に蒔絵課長として招かれた松田権六(後に人間国宝となる)がデザインしたかと思えるほどこの楽鳥は、姿形、色使いともに際立っている。 つい最近までNAMIKIブランドで楽鳥を販売していたが、それと比べると、この蒔絵師千山の作品は、絵そのものの勢いが違う。

蒔絵師:村田 千山

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。