万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

露水作 「紅葉山水」

紅葉山水

  紅葉山水2

プラチナ社の「紅葉山水」である。
1930年代に蒔絵師 露水によって作成された。
プラチナの1930年代の蒔絵万年筆は現存数も少ないこともあり、そしてこの紅葉山水はプラチナの中でも絵自体に人気が高いため高値で取引されるようだ。 くちばし型のクリップが印象的だ。
私の所有しているプラチナ社の蒔絵万年筆は数本だが、特にこの1本は大好きである。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。