万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秀山作「富士にキジ」FP・MPセット

キジfp_mp

キジ_mp

キジfp_1    キジfp_2

プラチナ社1930年代 秀山作 「富士にキジ」 の万年筆・ペンシルセットです。
14金張りのクリップとリングは高級感を出している。また、クリップの形もとても良い。 プラチナ社の蒔絵で、万年筆とペンシルのセットはとても珍しい。 たまに市場に出るが、状態が良いセット品であればけっこう高額で取引される。 私は万年筆を手に入れた約2年後にペンシルを入手した。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。