万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

My バッグ&手帳

マイバッグ     手帳


全く万年筆の話題ではないのですが、私のカバンと手帳です。
25年ぐらい使っていたカバンがくたびれたので、昨年買い替えました。 マチがけっこうあるので、書類も充分入ります。 Gaza(ガザ)というところのカバンで、割と柔らかい革を使用しています。
手帳とおそろいに見えますが、全く違うメーカーです。 カバンと手帳は毎日使うものですから、気に入ったものを使いたいですよね。 私は仕事でも、私用でも筆記具は複写書類以外、万年筆オンリーです。 てな訳で、手帳の文字も万年筆なのであります。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。