万年筆倉庫 - 蒔絵万年筆 -

始めは1本の万年筆でしたが15年たった今、気が付けば1万本以上のコレクションになりました。 ただ書くための道具ではなく、美術工芸品としても価値がある蒔絵万年筆の事を知ってもらいたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

NAMIKI Pen Collection case

NAMIKIケース  NAMIKIケース-2

蒔絵万年筆のケースのほとんどが、かなり大きな桐箱を採用している。
特に限定のモノは大きすぎて、保管に困る。 それに、いざ万年筆を手元で見ようとすると出すのに時間が掛かり、とても面倒くさい。 そこで私は、蒔絵万年筆のみ写真のケースで保管する事に決めた。
ご覧の通り「NAMIKI」オリジナルペンケースです。 ナミキブランドとして出している「エンペラーシリーズ」は大型万年筆なので、市販のケースに入れることは不可能です。 しかしこのNAMIKIケースには大型用(1段)と普通サイズ用(2段)があり、とても重宝している。
※国内では市販されていませんが、海外で$300位で販売していたと思います。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。